メンター制度等による⽀援

当同窓会は、メンター制度を導⼊しています。⽇本在住の当同窓会会員が窓⼝となり、⽇本学術振興会事業を介し渡航するドイツ語圏若⼿研究者の⽣活⽀援やアウトリーチ活動の提供等を⾏っています。

これらのメンター制度を利⽤した研究者の体験談は下記リンクからご覧いただけます。

その他には、⽇本滞在に向けた研究者への⽀援の⼀環として、当同窓会がJSPS ボン研究連携センターと共同で実施する催し物として、JSPS とDAAD が共同で実施する外国⼈特別研究員サマープログラム参加者を対象とした事前の会合があります。

他機関ではアレクサンダー・フォン・フンボルト財団が、⽇本へ滞在する⽇本学術振興会のフェロー及び事業経験者のネットワーク構築を⽬的として会合を開催しています。これに関連して、当同窓会とJSPS ボン研究連携センターは必要に応じて情報の提供や助⾔を⾏います。

さらに、⽇本学術振興会は、外国⼈研究者招へい事業へ参加する諸外国のフェローを対象としたオリエンテーションを年に数回程、東京で実施しています。イベント内では、当同窓会のハインリッヒ・メンクハウス会⻑と各国同窓会の代表が各国のJSPS 研究者同窓会組織について紹介しています。

以下では、当同窓会員からの寄稿をまとめました。若⼿研究者が各研究分野の活発な学術交流、⽇独間研究者ネットワークを構築する⽅法及び、過去数⼗年の緊密な⽇独間学術交流の中での研究者のキャリアパスについて書かれています。

当同窓会は、組織の活動について、研究者としての⽇本滞在の具体的な⽀援について、及び若⼿研究者を主に対象とした研究資⾦を提供する企業・団体についての情報を提供しています。以下では、それらのトピックについての記事を掲載しています。

⽇本での研究滞在を計画している場合は、⽇本の⼤学・研究機関に所属する当同窓会員が、各研究分野に応じた個別の相談に乗ることが可能です。興味のある⽅は、⽇本学術振興会ボン研究連絡センターへ問い合わせください。


⽇本の⼤学・研究機関での受⼊

My experience in Japan during my stay as exchange student and research assistant at Meiji University  |  by Torben Meyer

Deutsche Professoren als Gastgeber in Japan  |  by Prof. Dr. Heinrich Menkhaus

Deutsche Forscher in Japan betreuten deutsche Studierende  |  by Prof. Dr. Hans-Georg Matuttis

Ein Beispiel für die Betreuung deutscher NachwuchsforscherInnen durch Clubmitglieder in Japan  |  by Kai Oliver Thiele

Ein Beispiel für die Betreuung deutscher NachwuchsforscherInnen durch Clubmitglieder in Japan  |  by Prof. Dr. Wolfgang Ertl

Club-Mitglieder als Wissenschaftsvermittler: JSPS Post-doc am CIST in Chitose  |  by Prof. Dr. Olaf Karthaus


ドイツ語圏の⼤学・研究機関での受⼊

Gastaufenthalt von Yoshiaki Ueda  |  by Dr. Michael Frei

Studentenaustausch zwischen dem CoE for Plasma Science and Technology an der Ruhr-Universität Bochum und dem CoE Plasma-Nano an der Universität Nagoya  |  by Prof. Dr. Uwe Czarnetzki


研究者としての⽣活

JAPAN durch ZUFALL?  |  by Prof. Dr. Matthias Rögner
1   |   2   |   3

Elementarteilchen, Spinpolarisation und Kulturelles – Motoren einer 50jährigen deutsch-japanischen Zusammenarbeit  |  by Prof. Dr. Werner Meyer
1   |   2   |   3

Entwicklung eines Kooperationsnetzwerkes mit Japan   | by Dr. Andreas Schaper
1   |   2   |   3   |   4   |   5   |   6   |   7   |   8   |  9


イベントを通しての広報活動

様々なイベントを通して、当同窓会の活動の紹介、⽇本滞在に関する質疑応答や⽇本学術振興会の外国⼈研究者招へい事業などのプログラムを紹介しています。
 

#Seitenwechsler Japan-Messe

第4回#Seitenwechsler Japan-Messe(2020年)|  マティアス・ホフマン理事(博⼠)


ジュニアフォーラム

第10回JSPSジュニアフォーラム(2019年)  |  マティアス・ホフマン理事(博⼠)

第9回JSPSジュニアフォーラム(2018年)  |  ウォルフガング・スタグーン理事(博⼠)


ニッポン・コネクション映画祭  |  代表 マティアス・ホフマン理事(博⼠)

第21回ニッポン・コネクション映画祭(2021年)

第20回ニッポン・コネクション映画祭(2020年)

第19回ニッポン・コネクション映画祭(2019年)

第18回ニッポン・コネクション映画祭(2018年)

第17回ニッポン・コネクション映画祭(2017年)


⽇独ユースサミット  |  代表 ハインリッヒ・メンクハウス教授

第13回⽇独ユースサミット(2019年)

第12回⽇独ユースサミット(2018年)

第9回⽇独ユースサミット(2015年)

第7回⽇独ユースサミット(2013年)


その他のイベント

2018年⽇独⼤学パートナーシップとJSPSクラブ  |  議長 ハインリッヒ・メンクハウス教授

2014年ウィーン⼤学での情報イベント「⽇本での研究と研究」 |  代表 シャンタル・ウェーバー博⼠

2011年10⽉23⽇ 150周年を記念して東京に開催されたJSPSクラブインフォメーションブース  |  議長 ハインリッヒ・メンクハウス教授

第11回クラブ定例会
東京 | 2022年12月3日
続きを読む...
 

ライン・マイン・ネッカー地域
のグループミーティング

フランクフルト | 2022年12月9日
続きを読む
 

2023年度外国人再招へい事業
応募締切は2022年12月16日です
続きを読む...
 

2022年10月12日の日経新聞に、
ヘイジッヒ教授がウクライナから
医療関係者を日本に招聘する
構想が掲載されています。

続きを読む...
 

Neues vom Club 01/2022
続きを読む...
 

JaDe Award 2022 for Club
member Prof. Dr. Bellingrath-
Kimura

ケルン | 2022年2月5日
続きを読む...